オリンピックの延期で祝日はどうなる?海の日やスポーツの日は移動?

スポーツ

東京オリンピックの延期がほぼ確実に!

2020年に東京で開催されるはずでしたが、コロナウイルスの影響で延期の方向で決まったようです。

安倍首相はIOCのバッハ会長と電話会談をし、選手の準備などに1年程度の準備期間を提案したそうですね。

世間では「中止か?」という声もありましたが、今のところは「1年延期説」が有力のようです。

賛否両論あるとは思いますが、延期とあらば気になることが、、、。

「2020年の祝日はどうなるの?」

海の日や、スポーツの日などが移動しましたが戻るんでしょうか?

今回は、「オリンピックの延期で祝日はどうなる?海の日やスポーツの日は移動?」とテーマで特別にズラした祝日がどうなるか調べて行こうと思います。

オリンピックの延期で祝日はどうなる?海の日やスポーツの日は移動?

気になる祝日の動きですが、

オリンピックは延期になりましたが、祝日は変わりません。

つまり、現状このままで祝日の移動はありません。

なぜかというと、

「東京オリンピック・パラリンピック特別措置法」により、決まっているからなんです。

 

法によって決まっているから、簡単には戻せないんですね。

移動した祝日は「海の日」「山の日」「スポーツの日」の3つの祝日です。

大会を円滑な準備や運営のため、7月24日の開会式前後で4連休にするとともに8月9日の閉会式の翌日も山の日をずらし10日を祝日としています。

「2020年 祝日の変更」の画像検索結果

□祝日が移動した日

【海の日】

7月の第3月曜日(2020年は7月20日)→7月23日

【スポーツの日】

10月の第2月曜日(2020年は10月12日)→7月24日

【山の日】

8月11日→8月10日

もしも、戻す場合は法改正が必要のです。

内閣府の発表は、

「今後、国民の祝日が変更になる可能性は0ではない」

とコメントしています。

オリンピックの延期で来年2021年の祝日はどうなる?

今回の「東京オリンピック・パラリンピック特別措置法」2020年だけを対象とした特措法なので、今のところ2021年の祝日に変更はありません。

しかし、オリンピックが2021年に開催されることと、何月に開催されることが細かく決まれば、祝日を移動する新しい特措法が出来るのは間違いないでしょう!

オリンピックの延期で祝日はどうなる?についてのネットの反応は?

祝日の移動や、疑問についてのネットの反応もたくさんあったので、見ていきましょう。

「変に変えられるといらん仕事がふえるんだけど」

お仕事関係に影響がくる人もたくさんいると思います。

↑こちらは祝日の移動も気になっていますが、「嵐の活動休止」も気になっているようです。

2020年12月31日で活動休止を発表している嵐は、NHKのオリンピックのスペシャルナビゲーターをつとめていますので、活動休止も延期になるのでしょうか?

↑印刷業者やカレンダー関係のお仕事の方は頭をかかえているはず。

↑たしかに、10月に祝日がないと気持ちしんどいですね。

↑たしかに7月にオリンピックなしの4連休が。7月に集中しているのはやむを得ないのでしょうか。

ネットの反応は、「オリンピックがないなら例年通りのほうがいい」と言う声が多くみられました。

オリンピックの延期で祝日はどうなる?まとめ

オリンピックの延期についてのまとめてみました。

・2020年は祝日を戻すことは、ほぼありえない(法改正すればあり得る)

・2021年の祝日は今のところ例年通りだが、オリンピックが細かく決まれば特措法により祝日が移動することも十分あり得る。

・世間は2020年にオリンピックが延期の場合は、例年通りの祝日の声が多い

 

オリンピックの延期で祝日はどうなる?海の日やスポーツの日は移動?

タイトルとURLをコピーしました