常田大希(KingGnu)の経歴(高校・大学)は?家族も紹介!

音楽

メジャーデビュー1年目で紅白歌合戦初出場を決めて、若者のカリスマ的存在の「KingGnu」(キングヌー)

そのリーダーである常田大希さんはルックスもさることながら、かなりの秀才なんです!

そこで今回は、「常田大希(KingGnu)の経歴(高校・大学)は?家族も紹介!」と題しまして、常田大希さんにスポットを当ててみたいと思います。

スポンサーリンク

常田大希(KingGnu)の経歴(高校・大学)は?

常田大希さんの簡単な経歴はこちらです。

生年月日1992年5月15日
出身長野県伊那市
高校伊那北高等学校
大学東京芸術大学音楽学部器楽科

詳しく見ていきましょう!

出身は、長野県で伊那市の生まれです。

同じメンバーの中の井口理とは、幼馴染みです。

伊那市北高等学校

創立は1920年の伝統ある高校ですが、自由な校風をモットーに生徒の自覚を尊重する中で1970年に制服の自由化を実現しています。

偏差値は62。

「文武両道」を校訓とし、卒業生には政治家や経済界、文学界や芸術家など多くの著名人がいます。

・宮下創平=元防衛庁長官、元環境庁長官

・唐沢範行=元アサヒグループ食品社長

・伊藤伊那男=俳人

・大森祥吾=画家

・斎藤充弘=プロ野球

など、さまざまな方がいます。

伊那北高等学校を卒業後は、かの名門大学「東京芸術大学音楽学部器楽科チェロ専攻」に進学しています。

東京芸術大学

常田さんは、東京芸術大学音楽学部器楽科チェロ専攻に進学しましたが、1年足らずで中退しています。

すでに音楽の道に行くことを見据えて音楽学部を選んでいたんではないでしょうか。

中退の理由は「社会と結びついた音楽をしたい」という理由で中退しミュージシャンを目指しています。

チェロを専攻していたこともあり、あの小澤征爾主催の小澤国際アカデミーにチェロ奏者として在籍していた過去があります。

今のカリスマ的な感じからは、意外に思えるクラシック奏者なんですね♪

常田大希(KingGnu)の家族も紹介!

「常田大希」の画像検索結果

常田大希さんの家族も凄いので紹介したいと思います。

常田大希さんの両親

常田大希さんの両親はともに音楽関係のお仕事をされていたり、過去にしていたそうです。

江崎:すごい面白い!楽器が家にいっぱいあったということは、ご両親は演奏者だったの?

常田:母親はクラシックで、父親はジャズをやってた。両方ピアノ。

江崎:へー!え、それは職業?

常田:母親は(ピアノの)先生です。親父は、ロボット。

引用:READY FOR

インタビューで、お母さんがピアノの先生と語っていますね!お父さんはロボットを作るエンジニアのようです。

常田:ロボットのエンジニア。

江崎:へー!じゃあ音大のジャズ科に在籍して音楽に打ち込んでいたわけではなくて・・・。

常田:あ、でも一応東京にいた時は、それで一応小遣い稼ぎくらいはしてたみたいよ。

引用:READY FOR

小遣い稼ぎが出来る位だから相当な腕前なことが分かると思います!

常田大希さんは小さいころから音楽に触れることが多かったんではないかと思います。

お母さんはクラシックピアニストで、お父さんはジャズピアニストとは驚きますよね^^;

常田大希さんのお兄さん

常田大希さんのお兄さんは、「常田俊太郎」さんと言い、株式会社ユートニックの社長さんでした。

アーティストを支援するためのスマホアプリ”utoniq”をリリースしています。

お兄さんも4歳のころからバイオリンを習って高校では全国大会に出場経験もあるらしいのですが、大学は「東京大学工学部」に進学していますので、音楽への道には進んではいませんでした。

「音楽は趣味にする」と東大に進学したそうです。

(兄弟そろって、頭がいい!、そして似ている。)

まとめ

常田大希の経歴や家族を調べてきましたが、調べれば調べるほど、魅力的な方でした。

KingGnuのこれからの活動はもちろんですが、常田大希さん個人の活動も大注目です!

今回は、「常田大希(KingGnu)の経歴(高校・大学)は?家族も紹介!」と題しまして、常田大希さんの経歴や、家族を調査いたしました。

最後までご覧いただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました