前田敦子の離婚の可能性は?別居理由はヒステリックが原因!?

芸能

前田敦子さんと勝地涼さんの別居報道がスクープされました!

お二人は2018年に交際4か月という速さで結婚しており、まさに「フライングゲット!」しましたが、わずか2年も経たずに別居報道が流れるとはトホホな様子。

昨年3月には長男も生まれており、かわいい盛りですね!

そんな中舞い込んできた別居報道。

今回は「前田敦子の離婚の可能性は?別居理由はヒステリックが原因!?」と題しまして、前田敦子さんと勝地涼さんの離婚の可能性や別居理由について調査いたしました。

スポンサーリンク

前田敦子の別居理由はヒステリックが原因!?

別居の原因の一つに勝地涼さんが育児への参加をしないことへの不満があったようですが、前田敦子さんの過去から、紐解いて調査していきたいと思います。

前田敦子のホンマでっか!?TVに出演での発言が、、、

2019年の6月5日放送の「ホンマでっか!TV」内で前田敦子さんが専門家たちに子育ての不満を語ったところ、ネットで炎上騒ぎになっていたのです。

 

前田敦子さんは息子にご自身の性格が遺伝することを恐れているそうです。

その発言の内容を紹介しましょう!

・「私のようにいつか爆発する子にならないか不安」

・「洋服のサイズが少しでも合わなかったり、探し物がすぐに見つからないとパニックになる」

 

など、情緒不安定な面があることを語っていまいた。

 

前田敦子さんによると、勝地涼さんは探し物を一緒に探してくれるようで、探し物が見つかった際には「見つかったから、落ち着いてね」などの優しい面を見せてくれる優しい旦那なそうです。

 

前田敦子さんのヒステリックな一面が見える内容でしたね。

勝地涼にブチギレの過去も!

前田敦子さんと言えば、過去に夫婦でいるところを文春にスクープされています!

何とそれは路上で勝地涼さんにブチギレていたのです。(怖っ)

前田敦子が夫・勝地涼にブチギレ激怒。路上で夫婦喧嘩し暴走の理由は ...

おそるべし文春砲。

内容はこちらです。

生後2カ月の長男を抱っこ紐で抱いた勝地が、膝の靭帯を負傷していた前田のために車椅子を持って迎えに来た場面。しかし、記事によると前田は車椅子から突然立ち上がり、怒りを剥き出しにして足を引きずりながら走っていったのだという。

50メートルほど進んだところで前田が倒れ込んだため、車椅子を押しながらゆっくりと近付いていった勝地。しかし、立ち上がった前田は鬼の形相で勝地をニラみつけており、大きく口を開けて何かをまくし立てているようだった。

引用:https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0610/myj_190610_0869322016.html

ストレスでも溜まっていたのでしょうか?

やっぱりヒステリック?

本当だとしたら、勝地涼さんが距離を置く理由もなんとなく理解できますが。

前田敦子の離婚の可能性は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

TIFFANY MY CHRISTMAS STORY🎄 @wwd_jp @tiffanyandco

前田敦子(@atsuko_maeda_official)がシェアした投稿 –

現時点での離婚の可能性は、

「離婚の可能性は0ではないが、まだ離婚しそうにはない!」

といったところでしょう。

とにかく子育ては大変なので、多少のすれ違いはあることでしょう。

現在は勝地涼さんは「仕事部屋」にいるそうですが。

真相はいかに。

こんな意見もありました。

子供が小さいうちは、仲の良い夫婦も仲悪くなるもんです。
特に1人目は尚更神経質になりますから。

少し手が離れれば余裕がでてきて、何であんな事で怒ってたんだろう?となると思います。
今は旦那さんが寄り添ってあげれば必ず平穏に戻りますよ。頑張って欲しいです。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/c8d380a969516238ba3d03af5bd1ece49ab56d82?page=3

勝地涼さんが、寄り添えればいいですが。

夫婦の問題なので今後の関係性に注目が集ますね。

前田敦子の別居報道に世間の声は?

前田敦子さんの別居報道に世間の声を紹介していきましょう!

前田敦子の離婚の可能性は?まとめ

今回は「前田敦子の離婚の可能性は?別居理由はヒステリックが原因!?」と題しまして、前田敦子さんの離婚の可能について調査いたしました。

ちょっと前田敦子さんのヒステリックさが怖い気がしますね。

「フライング離婚」しないように、支えあったほしいと思います。

今後ますます目が離せないですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました