【赤い砂を蹴る】あらすじは?ネット上では芥川賞狙えると高評価

社長・著名人

第163回芥川賞・直木賞の候補作品が発表されました。

中でも話題になっているのが太宰治さんの孫である「石原燃(いしはらねん)」さん。

おじいちゃんがあの有名な太宰治さんとは流石の血筋ですよね!

ちなみにお母さんも島津佑子さんと言う作家さんで、まさに「作家家計」のお家柄なのです。

もちろんその分、世間の期待も大きいことだと思います。

そんな石原燃さんは今回が作家デビュー。普段は劇作家をお仕事にしているそうです。

一体どんな本なのか気になりますよね?

そこで今回は「【赤い砂を蹴る】あらすじは?ネット上では芥川賞狙えると高評価」と題しまして、石原燃さんの作家デビュー作の赤い砂を蹴るのあらすじやネットの高評価について調べてみました。

最後までご覧ください。

スポンサーリンク

【赤い砂を蹴る】あらすじは?

「赤い砂を蹴る」のテーマは

 ・家族の愛のかた

あらすじ

物語は、ブラジルのサンパウロに向かうバスの中から始まります。

主人公は母子家庭で育ったが母が亡くなってしまった千夏。そして母・恭子の友人で夫を亡くした芽衣子。

そんな二人が芽衣子の故郷であるブラジルになぜ向かうのでしょうか?

千夏の母・恭子は画家をしていました。しかし肺がんで亡くなってしまいます。

恭子は生前にアトリエで骨折したときに、芽衣子がお手伝いとして来てくれていました。千夏と芽衣子はいつしか仲良くなり、芽衣子の故郷に行くのが夢になっていました。

そんな二人がブラジルの地で

・愛とは何か?

・家族とは何か?

について向き合う物語。

様々な家族のカタチがあります。正解なんてないのかもしれません。

千夏も芽衣子、それぞれの思いがあるブラジルの旅。

・赤い土を蹴った千夏にはどのような心の変化があらわれたのでしょうか?

【赤い砂を蹴る】の発売日は?

石原燃さんの「赤い砂を蹴る」の発売日は7月13日です。

発売はもう少し先ですね。

楽天で予約販売をしているので、気になる方はチェックしましょう!

created by Rinker
¥1,540(2020/10/29 12:20:25時点 楽天市場調べ-詳細)

ちなみに芥川賞の発表が7月15日に行われるため、もしも石原燃さんが芥川賞を受賞した場合は「赤い砂を蹴る」が爆発的に人気となり、重版されると考えられます。

うまいタイミングの発売日ですねー。

石原燃さんの「赤い砂を蹴る」は文芸春秋社の「文學界6月号」に掲載されています。

文學界 (2020年6月号)

芥川賞ノミネート候補作品が発表になってから、手に入りづらいので図書館なんかにもあるようです。

【赤い砂を蹴る】作者・石原燃さんプロフィール

石原燃の夫は誰?本名や家族構成を調査!太宰津島の話題に抵抗も ...

石原燃は作家名です。

本名は「津島香以(つしまかい」さんと言います。

1972年の東京都文京区生まれの48歳。

武蔵野美術大学を卒業なさっています。

2009年より劇作家で活躍中です。

太宰治さんのお孫さんと言うインパクトがありすぎる家計です↓

作家だけではなく、政治家や地質学者など素晴らしすぎるお家柄。

【赤い砂を蹴る】ネット上では芥川賞狙えると口コミが高評価!

早くもネット上で「赤い砂を蹴る」が高評価だったので、まとめてみました!

【赤い砂を蹴る】あらすじは?まとめ

今回は、「【赤い砂を蹴る】あらすじは?ネット上では芥川賞狙えると高評価」と題しまして石原燃さんの赤い砂を蹴るについて紹介いたしました。

芥川賞ノミネート以前から注目している方もいましたねー。

赤い砂を蹴るの発売は7月13日から。

芥川賞は7月15日の発表なので、ぜひ注目していきたいと思います。

石原燃さんの今後の活動にますます目が離せませんね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました